スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダライラマ法王のティーチング

今回のダラムサラ滞在中、
運良く、ダライラマ法王によるティーチング(法話会)に参加することができました。

IMG_7208.jpg

ここに来るまで、私はチベット仏教の知識は何もなく、
仏教の知識といえば、ヴィパッサナー瞑想の講話のみ。

宗派の違いや細かいことはわからないのですが、
今回、何日かにわたってお話を伺っていて、
表現の違いはあれど、
ヴィパッサナー瞑想で説かれるお話と共通する部分がとても多く、
しっくりと腑に落ちて来ました。

いろいろお話ししてくださった中で、
私が響いたお話の一つは、宗教の違いについて。

バリ島で暮らすようになって、バリヒンドゥー教やイスラム教の人々と触れ、
ヴィパッサナー瞑想をするようになって仏教を知っていくにつれ、
それぞれの教えの違いに疑問を抱くこともあって、

「それって意味あるのかなぁ〜」

などと、自分目線でよく思うことがあったのですが、
ダライラマ法王いわく、

「どの宗教も、誰かの役に立っているという点で素晴しい。
 異なった気質の人々に合った宗教がいろいろ存在しているが、
 目的はただ一つ、
 愛と慈悲に満ちた、良き人間になること」と。

これを聞いて、改めて大きな気づきを得ました。

一人一人、人生のテーマや段階は違うわけで、
それぞれの人に合った方法で、
愛と慈悲の方向へと底上げできれば良いのだと。

つい、みんな自分と同じかのように考えてしまっていたのですが、
みんな、それぞれが違うということ、
違う中でも、目指す方向はみな同じで、
人生の目的は、愛と慈悲に満ちた人間になること。

苦しみの原因は、無知。
間違えたモノの捉え方が原因で苦しみが起こるわけで、
正しい智慧を得るための勉強が必要。

正しい智慧を持って、
日々、その智慧に基づいて行動すること。

わかっているけどやらない、できない、
というのはダメなわけですね笑

今回、数日間にわたってチベット仏教の世界に触れ、
もっと深く勉強したくなってきました。

来年1月にブッダガヤで行われるというカーラチャクラ灌頂にも参加したいと思い、
それに向けて、少しチベット仏教の勉強をしてみようかと思っています。

ダライ・ラマ 愛と非暴力
ダライ・ラマの密教入門―秘密の時輪タントラ潅頂を公開する
ダライ・ラマの「中論」講義―第18・24・26章

ダライラマ法王法話会動画



こちらもよろしくお願い致します

バリ島スピリチュアルツアー dari HATI BALI
http://ameblo.jp/darihati-bali
http://darihatibali.wix.com/darihatibali


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : インド - ジャンル : 旅行

ダラムサラのワンコたち

インド、特にここダラムサラに来て驚いたことは、
動物たちがとても穏やかなこと。

人々とも本当に穏やかに共存しているので、
見ていてとても癒されるのです(*≧∪≦)

いつも、階段でくつろいでいるワンコたち。

IMG_7256.jpg


道の真ん中にデーンと寝転んでいるのですが、
人々はただ微笑ましそうに、
普通にワンコを避けて階段を通過していきます。

IMG_7017.jpg


通りすがりに撫でて行く人も多く、
ワンコたちも、本当に安心した様子でマイペースにくつろいでいて、

IMG_7018.jpg


人を怖がる様子がまったくありません。

IMG_7161.jpg


カフェでも普通にの〜んびり。

IMG_7133.jpg


大声で吠えることも稀で、
いつも、ゆ〜ったりしている印象があります。

IMG_7135.jpg


みんなで仲良く並んでいる姿は、
見ていて本当に微笑ましい+゚。*(*´∀`*)*。゚+


IMG_7068.jpg


チベット仏教の慈愛の精神が、
この穏やかな空気感をつくり出しているのでしょうか。

こういう空気感が大好きです

IMG_7203.jpg



こちらもよろしくお願い致します

バリ島スピリチュアルツアー
dari HATI BALI
http://ameblo.jp/darihati-bali

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

テーマ : インド - ジャンル : 旅行

Michikoさんの整体

今回のダラムサラはこのために来たのではないかと思うくらい、
私にとって大きな出会いの一つが、michikoさんの整体。

IMG_7267.jpg


ここ数年、肩凝りと腰痛が慢性化していて、
痛いのが当たり前という状態になっていました。

インドでパンチャカルマがやりたいと思ったのも、
そういう慢性的な不調を根本的に治したいと思ったからなのですが、
ダラムサラ在住の方に、
「腰が痛いので、どこかオススメのマッサージはありませんか?」
と聞いてみると、
「じゃあ、michikoさんの整体がいいよ」
とのこと。

早速予約をして、翌日施術をお願いしました。

整体というので、
ゴキゴキカラダを調整していくようなイメージがあったのですが、
michikoさんの整体は、完全にヒーリング。

カラダを優しく触りながらゆがみや凝りをほぐしたり、
時にはじーっと手を当ててくださるのですが、
その手が本当に温かくて、フワーッと癒されるのです。

私はいろいろな箇所がゆがんでいるとのことでしたが、
まずは、何より骨盤を立てることが基本だということで、
歩く姿勢や瞑想する時の姿勢を指導していただいて、
とにかく、日常的に骨盤を意識するようにしました。

michikoさんいわく、
こういう病気の人はこういう姿勢になりやすい、という傾向があるようで、
やはり、日々の姿勢が本当に重要なようです。

どことどこがつながっているということを完全に把握しておられるので、
不調な箇所を伝えると、
「ここがこう歪んでいるからこうなる」
と、すべて完璧に説明してくださいます。

そんなこんなで、
michikoさんの指導に基づいて、姿勢を意識して過ごして半月ほどしたころ、
急に喉が痛くなり、咳が出始めました。

michikoさんいわく、
肘のゆがみが改善されたことで、喉に反応が来ているそうで、
これも、正しい改善の反応なのだそうです。

そのうち鼻も詰まってきて、完全に風邪の症状になったのですが、
それも改善の反応らしく、
「整体的には、風邪をひくのは良いことなんだよ」
とのこと。

「肘から喉、喉から鼻とどんどん上に上がって、
最後は目に来て終わるかな」

と言われていたのですが、
その夜、何だか目がズーンと重い感じになり、
本当に言われた通りの反応が現れました。

長年のゆがみを調整したことで、
好転反応がかなり出て、今は正直カラダがキツいのですが、
こういう根本治療がしたいと思っていたので、
michikoさんとの出会いは、本当に嬉しい出会いでした。

この好転反応を抜け出せれば、
いろいろなことが変わりそうな予感・・・

michikoさんは、
例年、11〜3月は南インドのティルバンナマライ、
4〜6月がダラムサラに滞在しているそうで、
7〜10月は、ヨーロッパに行ったり日本に行ったりいろいろだそうですが、
来年はバリ島にも行きたいなぁとのこと♪

ぜひ、バリ島に来ていただきたいっ!

michikoさんの癒しの根本治療、
本当にすごいです



こちらもよろしくお願い致します

バリ島スピリチュアルツアー
dari HATI BALI
http://ameblo.jp/darihati-bali

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

チベット伝統医療クリニック

今回、2ヶ月の予定でインド入りし、
大きな予定はダラムサラでのヴィパッサナー瞑想のみ。

ブッダの聖地巡りもしたいし、
リシケシ、バラナシ、ガンジス川流域にも行きたいし・・・
とも思っていたのですが、
デリーの酷暑に観光気分はすっかり萎えて、
今回は、過ごしやすいダラムサラ、ラダックのみで2ヶ月過ごすことに決めました。

ダラムサラに行くなら、ダライ・ラマ法王に会えたらうれしいなぁ〜、
と漠然と思っていたところ、
ちょうど滞在できるタイミングで、ダライ・ラマ法王の法話会が開催されるとのこと!

なんと嬉しい〜っ♪

ということで、
法話会に参加してからラダックに移動することにしました。

そうすると、
ダラムサラにはちょうど1ヶ月滞在することになるのですが、
さて、1ヶ月間何をしようか。

インドに行ったらアーユルヴェーダ、
ガッツリとパンチャカルマをやりたいと思っていて、
ここ、ダラムサラにも良いクリニックがあるようなのですが、
せっかくチベット文化圏にいるのなら、チベットの何かないかなぁと思って探してみると、
こちらを見つけました。

Men-Tsee-Khang(メンツィカン)

IMG_7016.jpg


こちらはチベット伝統医学のクリニックで、
1階にクリニック、2階にトリートメント施設があります。

IMG_7137.jpg


オイルマッサージや薬草風呂や鍼などがあるとのことなので、
今回はここでカラダのケアをしてみようと思い、早速訪問。

トリートメントを申し込むにあたり、
まずはアムチ(チベット伝統医学医師)の脈診による診察を受けます。

私としては、
腰痛と肩凝りが和らいだら良いなぁという気持ちで行ったのですが、
脈診の結果、「胃の調子も良くないから、薬も出しておくね」と言われ、
体質に合わないということで、
乳製品全般、コーヒー、紅茶、シトラス系、生野菜、油ものの摂取を禁止されました。

ヒエェ~~~ッ><
チャイもラッシーも、チベットのバター茶も、大好きなチーズもダメなんてっ!

取りあえず、
言われた通りに極力控えるようにしています・・・

そしてこちらが、
天然成分100%の薬草からできたお薬。

IMG_7148.jpg


このお薬、粉状のものもありますが、
粒状のものはチョコボールくらい粒が大きいので、
まず、歯でかみ砕いてから飲み込まないといけなくて、
必然的に、薬の味を味わうことになるのですが、
クセのある薬草茶という感じの味で、
そんなに嫌な味でもなく、普通に飲めました。

もらったお薬を飲みながら、
トリートメントは、マッサージと薬草風呂7回コースを選択。

コースは1〜7回がワンセットで、
回数が増えるごとに、1回分の金額も安くなります。

IMG_7140.jpg


マッサージは、まずまずといったところでしたが、
薬草風呂が本当に気持ちよくて、体がフワーッとほぐれました。

IMG_7141.jpg


5日目からは、これにカッピングや鍼もプラスされ、
お薬とトリートメントの併用、さらに食事の制限もあってか、
ゆるやかにカラダが改善されている感じがあります。

こういう自然療法は大好きですし、
今までまったく意識していなかった胃の調子を調整できて本当に良かった♪

アムチの脈診を受けてお薬をもらっても、料金は数百円程度ですし、
メンツィカンクリニック、オススメです。



こちらもよろしくお願い致します

バリ島スピリチュアルツアー
dari HATI BALI
http://ameblo.jp/darihati-bali

にほんブログ村 旅行ブログ インド旅行へ
にほんブログ村

テーマ : インド - ジャンル : 旅行

サル山のヴィパッサナーセンター

さて今日は、
ここダラムサラのヴィパッサナーセンターについて書こうと思います。

ダラムサラのヴィパッサナーセンターは、
ダラムサラの中心街マクロードガンジから、
さらに徒歩20分ほど坂を上ったダラムコットという街にあります。

IMG_7155.jpg


センターの周りは木々で覆われているのであまり開放感はなく、
高台にあるのに景色が見通せないのが少々残念。

IMG_7080.jpg


もし見渡せたら、こんな景色なのですが。

IMG_7109.jpg


施設は至って質素で、
基本は2人部屋か個室のようです。

IMG_7079.jpg


私は、古めの狭い個室が割り当てられました。

IMG_7098.jpg


シャワートイレは共同ですが、
このエリアは水不足のため、

『シャワーは2日に1回、5分以内で済ませてね』

という注意書きがあります。
洗濯も禁止で、クリーニングサービスがあります。

お湯は出ますが、出はあまり良くないです。


インドのセンターは初めてなので、
インドのほかのセンターがどうなのかはわからないですが、
私が今まで行った京都、バリ島、ジャワ島、タイのセンターに比べると、
設備的には一番不便で、一時的な断水や停電もあり、
何日か目に、日本語の講話が聞けないというトラブルまで発生!
(その分は、翌日の瞑想時間に聞かせてもらえました)


瞑想ホール、食堂、宿泊棟へ続く通路はすべて屋根が作られているので、
雨に濡れずに移動することができます。

IMG_7088.jpg


そしてそして、
このセンターのもう一つの大きな特徴。

それは、野生のサルがたくさんいること

IMG_7097.jpg


ダラムサラの街中にも出没していますが、
ここはさらに山。

数十匹のサルたちが、常に施設の周りで遊んでいるのです。

バリ島で言えば、
モンキーフォレストの中に瞑想センターがある感じでしょうか笑

サルたちから守るため、
主要な施設はしっかりと柵で覆われています。

IMG_7082.jpg


うっかり扉を閉め忘れると、
モノが荒らされたり、盗られたり。

IMG_7106.jpg

『必ず扉を閉めてね』

『サルも水浴びが好きだから、トイレの扉はしっかり閉めてね』

『サルが遊んでしまうから、洗濯物は干さないでね』

とか、
とにかくサルに関する注意書きの多いこと笑

でも、私の印象では、
バリ島のサルよりも、もっと人慣れしていて穏やかな印象がありました。

IMG_7102.jpg


こちらが何もしなければ、サルたちも特に何もしてくることはなく、
無理やりモノをひったくることもないですし、
人がいるすぐそばを、スーッと普通に歩いて行ったりしています。

たまに、
突然屋根の上にドスンと下りて来て、
バンバンッと威嚇するような仕草を見せることもあるのですが、
放っておけば、特に何をされることもなく。

IMG_7103.jpg


本来、瞑想期間は自分自身の内側と向き合う期間ですので、
動物といえども、必要以上に注意を向けることは良くないのですが、
私はこのサルたちに、どれだけ癒されたことか・・・

子ザルたちがじゃれあって木々を飛び回っていたり、
母ザルが赤ちゃんを大切そうに抱っこしていたり、
仲良くお互いの毛づくろいをしていたり、
2匹でギューッと抱き合って眠っていたり・・・

ここまでサルとじっくり接したのは初めてでしたが、
本当に愛らしくて愛しくて、心がホッコリ

そして、
本当に人間と同じだなぁ〜と。

むしろ、人間ほどストレスがない分もっともっと純粋で、
そんなサルたちを見ていて、いろいろな気づきがもらえたのでした。

IMG_7086.jpg


ダラムサラのセンター、
動物好きにはオススメです

IMG_7083.jpg


こちらもよろしくお願い致します

バリ島スピリチュアルツアー
dari HATI BALI
http://ameblo.jp/darihati-bali

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

テーマ : 心と身体 - ジャンル : 心と身体

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。